公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター
TOPページ
相談窓口一覧
主な活動内容
暴力団トラブル解決Q&A
民暴弁護士だより
27の禁止行為
暴力団対応12則
不当要求防止責任者講習のご案内
薬物乱用防止Q&A
暴力追放・薬物乱用防止ビデオ 無料貸し出し
センター便り
賛助会員募集
センター業務に関する資料
中期経営計画
プライバシーポリシー(個人情報保護方針)
 
埼玉県警察HPへのリンク
暴力団対策
埼玉県暴力団排除条例
薬物乱用のない社会を
 
 
薬物乱用防止?Q&A
 
 薬物とは何ですか
精神に影響を及ぼす物質の中で、覚せい剤、大麻、コカイン、ヘロイン、MDMA、シンナー等習慣性があり、乱用され、又は乱用されるおそれがあるものをいいます。
薬物乱用のきっかけは何ですか
覚せい剤は、「やせるため」、「疲れをとるため」などと安易な動機で使用しているほか、薬物乱用を自己表現の一つとしてファッション化している傾向にあります。
しかし、乱用の背景には取り返しのつかない大きな危険が待っているのです。
 
薬物を継続して使用するとどうなるの
薬物を一度使用すると、薬物を継続して使用したいという欲求(薬物依存)が起きます。また、使用を繰り返すと、量及び使用回数が増していくという耐性が生じるなどの悪循環に陥ります。
 
 

薬物問題関係相談  048-822-4970 【ヤメテニコニコヨクナレ】
 
Copyright(c) 公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター All Rights Reserved.